オーケストラと共に演奏する合唱団

Asao Choral Society



第26回定期演奏会
2017年7月9日
多摩市民館大ホール (多摩区役所 小田急線向丘遊園駅 徒歩5分 )
フォーレ作曲: 『レクイエム』
モーツアルト作曲: 『レクイエム』
指揮: 今村 能
ソプラノ: 高島 敦子
アルト: 三宮 美穂
テナー: 土崎 譲
バス: 松井 永太郎
オーケストラ: 東京アマデウス管弦楽団

団員募集

お問い合せ:麻生合唱団事務局 TEL044−986−9144 鈴木

昭和音楽大学主催の

ベートーヴェン作曲:『第九』演奏会

2016年年
12月29日(木)開演15:00
会場:昭和音楽大学:テアトロ・ジーリオ・ショウワ
新百合ヶ丘駅南口(小田急線)


2016年は11月5日から第九とレクイエムを併行して練習します。第九のみ参加される経験者募集します
毎年、チケット完売の人気演奏会です。若いエネルギッシュな音大生と宗教音楽で培った年配者との共演となります。
昨年の第九演奏会がYou Tube で公開されています。( 昭和音楽大学 第九 )で検索し、閲覧してください。




昭和音楽大学チケットセンター
TEL:044-953-9899





第25回定期演奏会  終了
2016年7月10日(日)
多摩市民館大ホール (多摩区役所 小田急線向丘遊園駅 徒歩5分 )
古典 近代 現代のグローリア
ヴィヴルディ作曲: 『Gloria in D Rv589』
 1700年代初めに作曲。水の都ヴェネチアのサンマルコ大聖堂の
オーケストラ団員らしく、1曲目Gloriaは船頭がゴンドラを漕い
でいる情景が浮かびます。7曲目Dmine Fili unigenite は漕ぎ手
8人のレガッタ競艇のようです。
プーランク作曲: 『Gloria』
パリ生まれの作曲家1959年の作曲。。ヴィヴァルディのグローリア
を参考に作曲されていると解説書に書かれていますが、該当部分が
私、未だに不明です。エッフェル塔やセーヌ川を思い浮かべて聴いて
ください。パリの雰囲気がよく現れています。
ラッター作曲: 『Gloria』
ロンドン生まれの現役作曲家。ブラスバンド版で演奏されることが
多い曲ですが、今回は珍しいオーケストラ版です。オケ譜を英国から
レンタルするという手間をかけます。
イギリス民謡やグレゴリア聖歌を現代風にアレンジした合唱曲を作曲
しています。さわやかな風を送るような曲が多いようです。この曲の
1曲目はSF映画音楽を思わせる様な、華やかな曲ですが、2曲目
はハーモニーを重視したグレゴリア聖歌を連想する曲ですが、3曲目
でSF映画音楽調に戻り、華やかに終わります。
指揮: 大貫 浩史 おおぬき ひろし
ソプラノ: 高島 敦子 たかしま あつこ
メゾソプラノ: 木下 泰子 きのした やすこ
アルト: 三宮 美穂 さんのみや みほ
オーケストラ: 東京フォルトゥーナ室内管弦楽団
コンサートマスタ 相原千興 あいはらちおき
オルガン 井熊康子 いくまやすこ

お問い合せ:麻生合唱団事務局 TEL044−986−9144 鈴木
:044-953-9899




2015年3月29日(日)
第24回定期演奏会 終了しました
麻生市民館大ホール
写真はサンピエトロ大聖堂の12使徒
ロッシーニ作曲: 『荘厳ミサ曲』 オーケストラ版
ロッシーニは71歳の時、キリストの12人の弟子を想定し、12人のコーラスとピアノとハーモニウム伴奏による小編成の『小荘厳ミサ曲』を作曲しました。
その4年後、オーケストラ編成による『荘厳ミサ曲』を完成させました。
『ウイリアム・テル』などのオペラ作曲家ロッシーニの晩年の大曲です。
指揮 :松下京介 まつした きょうすけ
管弦楽 :テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
ソプラノ :大隅智佳子 おおすみちかこ
アルト :谷地畝晶子 やちうねしょうこ
テナー :馬場崇    ばばたか
バス :清水那由太 しみずなゆた
合唱指導 :大貫浩史
ピアノ伴奏 :井熊康子

                                       



2014年3月30日(日) 15時開演(14時30分開場)
第23回定期演奏会 終了しました。
麻生市民館大ホール 小田急線新百合ヶ丘駅北口
モーツァルト作曲: 『ハ短調ミサ曲KV427
大ミサ曲とも呼ばれます。モーツアルトらしい快活な曲です。
モーツァルト作曲: 『交響曲第39番変ホ長調KV543
モーツアルト晩年の交響曲



指揮 北原幸男
ソプラノ1: 高島敦子
ソプラノ2: 木下泰子
テナー: 渡辺大
バス: 薮内俊弥
管弦楽: 東京アマデウス管弦楽団

お問い合せ:麻生合唱団事務局 TEL044−986−9144 鈴木




2013年4月28日(日) 終了しました。
麻生フィルハーモニー管弦楽団
創立30周年記念コンサート
マーラー 交響曲第2番『復活』
ミューザ川崎シンフォニーホール14時:00分開演
指揮: 広上淳一
ソプラノ: 高橋薫子
アルト: 寺谷千枝子
合唱: 麻生合唱連盟
合唱指揮 宗孝夫
管弦楽: 麻生フィルハーモニー管弦楽団
三石精一先生が病気のため交代となりました。




2012年日(日)
終了しました。

午後2時30分会場
第22回定期演奏会
摩市民館大ホール (多摩区役所 小田急線向丘遊園駅 徒歩5分 )
ヴェルディ作曲
生誕199
『レクイエム』

全席自由席2900円
申し込みは
麻生合唱団事務局 
電話/FAX044-986-9144 鈴木

 『最後の審判』を告げる  ファンファーレが鳴り響き、審判がくだる部分とモンサンミッシェルの塔の像とイメージが重なりました。
四大レクイエムの 一つといわれる   ヴェルディの大曲  です。        一度覚えたら一生忘れない印象深い曲です。
ぜひ、演奏会を目指してご入団ください!
指揮:
オーケストラ:
ソプラノ:
メッゾソプラノ
テノール:
バス;
松下京介
東京アマデウス管弦楽団
廣田美穂
清水華澄
澤ア一了
志村文彦
合唱指導: 大貫浩史
練習ピアノ伴奏: 井熊康子





2012年5月6日(日) 
小田急線、新百合ヶ丘の昭和音楽大学ホール
アルテリッカ4/27(金)〜5/6(日)
フィナーレ公演 しんゆり オペラ・ガラコンサート
ソプラノ: 光岡暁恵
ソプラノ: 廣田美穂
テノール: 村上敏明
バリトン: 堀内康雄
合唱: 藤原歌劇団合唱部・麻生合唱団
管弦楽: 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ




2012年1月22日(日) 終了
小田急線、新百合ヶ丘の昭和音楽大学ホール
サッカーJリーグ 川崎フロンターレ
『2012新体制発表会見
 in 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
指揮: 梅都優子
エレクトーン: 千葉由佳・鈴木弥生
合唱: 藤原歌劇団合唱部・麻生合唱団
ヴェルディ作曲: 歌劇アイーダより『凱旋の合唱』
歌劇ナブッコより『行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って』
ベートーヴェン作曲: 『第九』




第21回定期演奏会終了
2011年9月11日(日) 午後2時開演(午後1時30分開場)
多摩市民館大ホール 小田急線 向ヶ丘遊園駅北口徒歩5分 全席自由席2500円
シューベルト作曲 劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』より
シュトラウス作曲 『オーボエ協奏曲ニ長調』
指揮 前川 光世 オーボエ奏者

シューベルト作曲 『ミサ曲5番 変イ長調 D678』
指揮: 山神 健志
ソプラノ: 國光 ともこ
メッゾソプラノ: 向野 由美子
テノール: 中嶋 克彦
バス: 宇野 徹哉
管弦楽: Tokoyオラトリオシンフォニ-
合唱: 麻生合唱団
練習ピアニスト: 井熊康子 淵本祐子
シューベルトのミサ曲は第14回定期演奏会6番に次いで2回目です。歌曲王と呼ばれる
だけに、臨時記号や強弱の要求の多い難曲ですが、ハーモニーと躍動感に富み歌って
気持ちが高揚します。


第20回定期演奏会終了しました
2010年9月12日(日曜日)15時開演
小田急線、新百合ヶ丘の昭和音楽大学ホール『 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
ヴェルディ作曲
オペラ『ナブッコ』全曲演奏会形式


指揮: 松下京介
オーケストラ: 東京アマデウス管弦楽団
出演オペラ歌手
ナブッコ: 牧野正人
アビガイッレ: 廣田美穂
ザッカーリア: 東原貞彦
フェネーナ: 河野めぐみ
アンナ: 長島由佳
イズマエーレ: 上本訓久
Verdi "Nabucco"をオーケストラ演奏で歌いたい方は是非参加してください。
イタリアの第2国歌と呼ばれる『金色の翼に乗って』以外にも素敵な合唱曲が“ナブッコ”には有ります。この機会に参加し、オペラの魅力に触れてください。
合唱指導:山神健志 ピアノ伴奏:井熊康子


次回 シューベルト作曲『ミサ曲第5番変イ長調』

お問い合せ:麻生合唱団事務局 TEL044−986−9144 鈴木





第19回 定期演奏会終了しました
バッハ
『ヨハネ受難曲』


2009年9月13日(日)
開場:午後1時30分/開演午後2時
指揮 山神健志
エヴンゲリスト 中嶋 克彦
イエス 小田川 哲也
ソプラノ 星川 美保子
アルト 三輪 陽子
テナー 土ア 譲
バス 萩原 潤
 オーケストラ チェンバープレイヤーズ・トウキョウ

小田急線 新百合ヶ丘駅
全席・自由席2500円
ヨハネ受難曲の物語の概要を知った上で演奏会を聴いて頂けるとこの曲の良さが解ります。
他のホームページに更に詳しく載っていますが、ここではもっと簡単に説明します。

イタリア:マッテーラ
映画 『パッション』のロケ地

【ご鑑賞の参考に】




第18回定期演奏会終了しました
公演日:2008年7月6日(日曜)開場13:00 開演13:30

ドボルザーク作曲
『スターバト マーテル』
Stabat Mater、『悲しみの聖母』
指揮 :ホルスト マイナルドゥス
ケルン歌劇場指揮者
ソプラノ アルト テナー バス 合唱指揮
小渡恵利子 三輪陽子 中嶋克彦 清水良一 山神 健志
オーケストラ:オラトリオ シンフォニカ JAPAN

場所:昭和音楽大学ホール

小田急線:新百合ヶ丘駅南口徒歩3分

S席:3000円 A席:2500円 自由席:2000円


               ピエタ像


交響曲『新世界より』のドボルザークが作曲した合唱曲
悲しくも美しい名曲『スターバト マーテル』
 

哀愁ただよう旋律に感動しながら練習しています。

主催:麻生合唱団 
後援:川崎市 川崎市教育委員会







ブラームス作曲
ドイツレクイエム
EIN DEUTSCHES REQUIEM
第17回 麻生合唱団定期演奏会

無事終了いたしました。次回演奏会にも聴きに来てください。

Cond.齋藤 真知亜
公演日:2007年6月3日(日)
13時00分開場
13時30分開演
場所:昭和音楽大学ホール

小田急線:新百合ヶ丘駅南口徒歩3分

指揮 斉藤 真知亜
NHK交響楽団バイオリン奏者
ソプラノ 高島 敦子
バス 清水 良一
合唱 麻生合唱団
合唱指揮 山神 健志
管弦楽 東京アマデウス管弦楽団

後援:川崎市、川崎市教育委員会

高島 敦子

清水 良一

演奏会場までの地図

2007年4月、芸術のまち、麻生区へ移転
した昭和音楽大学の新キャンパス内にある
大ホールです。 今回、地元の麻生合唱団
にホールを提供していただきました。   


TOPごあいさつ合唱団の歩み指導者紹介演奏会情報練習スケジュール/団員募集